« 2006年6月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

電子納品保管管理システムが稼働し始めた?・・・

本日過去に電子納品支援させていただいたお客様から電話をいただきました。

内容は「平成17年度施工工事の電子納品成果物CDにエラーがあるので修正の上、再提出して下さい」と発注者からメールが来たとの事です。

私は聞いた瞬間ちょっとしたショックを受けました。

私自身、一応それなりの費用をいただいて成果物CD作成をお手伝いをしている訳で、こちらのミスで成果物が返却されるなどという事態は、本業務を生業にしてる私にとっては大変恥ずかしいことだからです。

発注者からのメールを私に転送してもらい、その原因がはっきりしました。

エラー内容は「写真管理項目の撮影年月日が記入されていない」というものです。

私は思わず「え~っ!」と一言。

平成17年度工事といえば、デジタル写真管理情報基準(案)は平成16年6月版が適用されている工事となります。

この時点では「撮影年月日」の記入は任意となっています。

平成18年1月にデジタル写真管理情報基準(案)が改訂され、この基準(案)より撮影年月日が必須記入となりました。

従って旧基準(H16年6月版)適用時、国総研CALS/ECサイトから提供されていた電子納品チェックシステムも撮影年月日が記入されていなくてもエラーとはなりませんでした。

つまり過去基準で提出された成果物を最新チェックシステムでチェックをすれば今回当然エラーが発生します。

これを見られた発注者の方がそのまま当時の請負者へ内容を指摘されたものと思います。

ちなみに今回私に連絡いただいた現場代理人の方に、平成18年1月の基準改定の話しを伝え、その方は発注者の係長さんに確認したのです。

・・・・・・・・・・

回答は「今回修正の必要はありません」でした。

おそらく同じような話しがあちらこちらで聞こえてくるのではないでしょうか。

今回私に連絡いただいた現場は撮影年月日に関するものでしたが、同時期の他の現場ではINDEX_C.XMLもしくはINDEX_D.XMLがありません。(チェックにかけれない)との理由で修正指摘された例もあります。

これは本当に「INDEX_C.XML」もしくは「INDEX_D.XML」がないのではなく、CDイメージをハードディスク等に出力した際に生成される「disk1」等のフォルダごとCDに焼き付けたためと考えられます。

でも、本当にないのかもしれませんが現物を見てみないと何とも言えません。

いずれにしても正しい電子納品をする事が大切であると、今回指摘を受けられた担当者の方は思われるに違いありません。

そんな事を考えていたらもう一件電話が入りました。

同様に成果物CDエラーで指摘を受けたとの事です。

取りあえず明日お客様の所へ行ってまいります。

このような連絡を受けた時は、JACIC認定のCALS/ECエキスパート(RCE)CALS/ECインストラクタ(RCI)の有資格者に相談するのも一考かと思います。

このような時にこそ活躍する資格なのです。

文責:仕事マン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

講座報告(岩内地域人材開発センター)

建設110番がこの時期お世話になる、地域人材開発センター主催の電子納品関連講座において、受講される建設現場の皆さんがより即戦力となっていただけるよう、今回初の試みとして「Excelで描く建設機械」を講座の一部に取り入れてみました。

地域人材開発センターとは、国の職業能力開発促進法規定に基づき、職業キャリアの持続的な発展を実現するため、企業内外における職業キャリア形成支援を促進するとともに、企業現場や社会における教育力の再構築等、幅広く働く者を育てる環境の再構築に向けた取組を進めることを目的に設置された公的職業訓練施設です。

職業能力開発に関する概要・施設一覧
http://www.hrd.pref.hokkaido.jp/PublicContents/noukai.htm

北海道内における地域人材開発センター一覧(8ヵ所)http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/jzi/contents/hyou/jinnzai.htm

公的職業訓練施設のため、所定の条件を満たした講座は認定訓練講座となり、講習費や受講生の人件費の一部が補助されます。

さて今回お世話になったのは岩内町にある「職業訓練法人 岩内地域人材開発センター運営協会」です。

場所はこちらへ

http://chizumado.jp/view?position_id=419097

01_070222__3 

施設正面全景です。


今回開催されるのは「Excel&Powerpoint検査対応講座」です。

最近の講座傾向として、単に正しい電子納品手法を習得するのではなく、具体的に竣工検査時の対応手法やプレゼン能力の向上を目指すものが多くなっています。

02_070222__

センター長の丸山誠一さんです。


04_070222_

事務所風景です。


03_070222___1

今回の講座を担当いただいている職員の方です。

向かって左側が総務課書記の齋藤千春さん、右側が研修課書記の田南部一弥さんです。


いつも講座資料印刷準備、宿泊先手配等、講師を担当させていただく私としては大変助けられています。

さて、今回の講座概要についてご報告させていただきます。

続きを読む "講座報告(岩内地域人材開発センター)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

建設業の新たな試みがはじまった・・・

最近建設CALS/EC関連でちょっとしたホットな動きがあります。

現場技術者のプレゼン能力を向上しようという試みです。

それに建設イラスト作成に関する話題です。

当ブログリンク先にもありますが「CALS斬りっ!(管理人:だいひまじんさん)」さんと「道路工事中につきご協力を・・・(管理人:nikumaruさん)」のコラボ企画セミナーが来週2/26(月)に札幌の北海道工業大学にて開催されます。

私も聴講させていただく予定です。

建設業という一つの括りではありますが異業種交流を通じ相互に切磋琢磨しようとするものです。

実際言葉では簡単そうですが今まで実現となるとはなかなか難しかった感があります。

私も大変興味津々で当日の発表が待ち遠しいです。

当日の模様は私もレポートしたいと考えておりますが、多くの関係者ブログでも記事になるかと思いますので、参加できない方はそちらで読まれると良いかと思います。

何事も新しい世界へ一歩踏み出すには大きな勇気と行動力が必要です。

私も明後日、岩内地域人材開発センターで行われる講座でnikumaruさんの建設イラスト講座を試行させていただく予定です。

今から受講生の反応が楽しみです。

ともあれ、今回のご両人のご尽力に心より賛辞を送りたいと思います。

文責:仕事マン

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年2月18日 (日)

3D'sOperator 開発手記

はじめまして 3D'sOperatorを開発いたしましたDRSです
今回3D'sOperatorがイエイリ建設ITラボで紹介されて光栄に思っている反面
サイトの整備をしていなかった事を後悔しています。
販売しているバージョンのアップデート版があるのですが
サイト上のどこからもダウンロードできません。
無料で配布するために作成した3D道路データや交差点データも
まだ未掲載にしています。
取り急ぎサイト改修を行いたいとは思っていますが
時期未定です。

3D'sOperator開発状況

現在ver1.53を販売させてもらっていますが
九州一部地域ではver1.60を配布しています。
変更履歴
●インターフェイス変更
●パワーポイントへの画像転送
●背景にイメージがあってもデータのみ透明保存できる。

また、2007年7月にはVista対応のver2.0の販売を予定しています。
ver1.0からの変更点
●複数の3Dデータを表示可能
●データの色調を変更できる
などです。

| | コメント (0)

2007年2月16日 (金)

SXF Ver3.0について

北海道で昨年10月末に行われた「道路工事完成図作成に関する説明会」をきっかけにCADのSXF Ver3.0の話しが脚光を浴び始めました。

昨年度実証試験として数十の現場でその作成が実施されたのですが、それから1年を経過する事もなく、平成18年8月「道路工事完成図等作成要領」が発表されました。

驚いたのはその作成要領発表の速さではなく、この手の要領には付き物の末尾に「(案)」が付いていなかった事です。

つまり「本格運用します」という事でしょう。

さて北海道ではこの作成要領を受け約150現場程が作成指定となりました。

続きを読む "SXF Ver3.0について"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年2月15日 (木)

「3D's Operator」が紹介されました

Ani_019_1

建設110番メンバーが開発した「3D's Operator」がイエイリ建設ITラボにて紹介されました。

●イエイリ建設ITラボ(ブログ)

http://blog.nikkeibp.co.jp/kenplatz/it/ubiq_doboku/120510.html

管理人のイエイリさんも高い評価をされていらっしゃいます。

メンバーとして大変嬉しく思います。

紹介記事では発売元のカナモトさんのHPが掲載されていますが、開発者本人のHPは下記URLです。

●「3D's Operator」ホームページ

http://www.develop-r.co.jp/3ds/index.htm

後ほど開発者本人から記事投稿があると思いますのでお楽しみ。

まずはご報告まで。

文責:仕事マン

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

最近の講習事情

建設110番ではこの時期公的職業訓練機関主催の電子納品及びCAD講座講師を担当させていただいています。

昨年あたりからちょっと受講生の集まりが悪くなってきているのです。

主催センターの方にお聞きした所、ある程度のスキルに達しているから参加しないとの企業回答が多いとの事です。

でも私が知っている範囲ではその雰囲気をあまり感じ取る事ができません。

それは過去に提出された成果物CDを見せていただく機会がありますが、完全形のものはほとんど出会った事がありません。

即ち提出された成果物が基準に完全準拠しているか否かを発注者の方は受領時にチェックしていないためだと思われます。

電子成果物の保管管理システムが本格稼働していないため、チェックの欠落がその原因のように思います。

やはり伝統的に建設業は何か発注者側からのアクションがないと行動に移れないかもしれません。

文責:仕事マン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

第58回札幌雪まつり

しばらく記事掲載しておりませんでしたが、本日より投稿を開始したいと思います。

本日札幌市内にて第58回札幌雪まつりが開催されていますのでまずはその記事を書かせていただきます。

今年は暖冬で主催者の苦労も多かったと思います。

10_58070210__stv10
今年はどれだけの入場者となるのでしょうか。

同時開催のすすきの氷の祭典も本日最終日です。

皆さんはもう楽しまれましたか?

それでは。

文責:仕事マン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2007年3月 »