« 講座報告(岩内地域人材開発センター) | トップページ | 道路工事完成図の彷徨い »

2007年3月21日 (水)

Exif問題は事前の注意が必要だ

年度末になると突発的な連絡や相談を受ける事が多くなってきました。

今年度も残すところ10日を切りました。



先週講座講師として岩内に出張の際、以前電子納品でお手伝いさせていただいたお客様から電話をいただきました。

竣工検査が3/30に迫っているので電子納品を手伝って欲しいとの件でした。

とにかく「現状の内容確認と協議をしましょう」との事で昨日現場事務所に行ってきました。

お客様の固有名詞はここでは記しませんが、道央の南の方とお伝えしておきます。



途中の国道写真をヒントに掲載します。

(何のヒントにならないかもしれませんが・・・・)

02_230__3 03_230__3



そんな訳で札幌から約2時間と少々(この写真の地点からは約30分程度)、先方の現場事務所に到着しました。

工事は国道の舗装工事です。



まず最初に工事写真のチェックです。

以前のチェックと言えば、必須項目の入力欠落、写真最低解像度、使用禁止文字に対するものが大半でしたが、最近は「Exif」情報の有無が中心となります。

実際に今回のお客様の写真データをチェックしてみます。

写真は約5600枚あります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チェック結果は・・・・・・・・・

「42枚のエラー」発生。

Exif情報がないものはある工種に偏っていました。



それは「区画線」です。

以前私が支援させていただいた違う現場でも発生していたパターンです。

理由は明確です。

外注先のライン屋さん(区画線施工業者)がデジカメではなく銀塩写真(フィルム)で撮影しそれをデジタル化(スキャナ取込みもしくはCDデジタル化)して元請さんへ提出しているためです。

区画線に限らず現場では種々の外注工事が発生します。

特に外注時にこのような問題が発生する危険性があります。

今回は銀塩写真のため、国総研CALS/ECサイトのQ&Aに従い、監督員と協議しその旨を請負者説明欄に記入する事とします。

今回は銀塩写真に関するExif情報欠落でしたが、その他の理由によるものもあるかと思います。



現代代理人が自ら撮影する場合は注意もできますが、外注の場合は事前に外注先にデジタル写真撮影時の注意点を徹底させておく必要があります。

特にカメラ日付設定等の基本的要素は間違わないようにすべきと思います。

国道交通省工事の場合は撮影画素数に関しては基準(案)より最低限の目安として100万画素というものがありますが、NEXCO工事の場合は、1枚当たりの写真ファイルサイズが500KB以下という規定があります。

最近デジカメの高解像度化が進行しているため、もしかするとお手持ちのカメラの最低解像度で撮影してもこのサイズを超えてしまう可能性も十分考えられます。

いずれにしても実際の写真撮影時に注意をする事が肝要です。



ここのお客様の実際の支援は来週から実施することとなりました。

完成図書編の確認は来週になりますので、気付いた点があれば来週またレポートしたいと思います。





文責:仕事マン

|

« 講座報告(岩内地域人材開発センター) | トップページ | 道路工事完成図の彷徨い »

コメント

ヒントの写真は大変わかりやすいですが、どの会社さんなのかは分かりませんでした(笑)

まぁ、あの地点から30分で国道工事をやる会社は数社に絞られますが・・・。
まぁ、詮索はともかくウチでは「区画線屋さん」にデジカメと黒板をセットで貸します。
工種的にラインを入れるときは最後の工程、自分のデジカメはほとんど使わない時なのです。
ちょっとした気配りで解決できます。

投稿: nikumaru | 2007年3月21日 (水) 17時52分

■nikumaruさん
ちょっとした気配りができるのは会社の大小に関係なく、現場代理人の資質によるものだと思います。
つまらない間違いが後になって大きな損失となって帰って来ることに気付かない会社も多いかと思います。

そういった講座も今後考えてみたいと思います。

その節は講師をよろしくお願いします。

投稿: 仕事マン | 2007年3月21日 (水) 18時40分

まったく場所がわかりませんでした。
工事写真の扱いは一見簡単そうですが、実は大変に奥が深く難しいものですよね。

投稿: カルゴン | 2007年3月22日 (木) 14時40分

■カルゴンさん
ヒントの写真はちょっと難しかったでしょうか。
右側の写真はルスツリゾートのホテルです。
今回訪問のお客様は現場編集長CALSMASTERをご利用のユーザー様です。

投稿: 仕事マン | 2007年3月22日 (木) 16時20分

あ~ルスツでしたか~
どこかで見たとは思ったのですが、気がつきませんでした。
CALSMASTERのユーザー様へのサポート業務、大変ありがとうございます。お疲れ様でした。

私の方も地道に頑張ってまいります。
今後ともどうぞよろしく御願いいたします。

投稿: カルゴン | 2007年3月23日 (金) 09時06分

■カルゴンさん
Exifチェックリスト印刷の件、よろしくご検討をお願いします。

投稿: 仕事マン | 2007年3月23日 (金) 09時53分

レスが遅れました。
了解しました。対応できるかどうか交渉してみます。

投稿: カルゴン | 2007年3月26日 (月) 22時01分

■カルゴンさん
よろしくお願いします。

投稿: 仕事マン | 2007年3月26日 (月) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/123558/5760855

この記事へのトラックバック一覧です: Exif問題は事前の注意が必要だ:

« 講座報告(岩内地域人材開発センター) | トップページ | 道路工事完成図の彷徨い »