« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

建設業の昔と今

本日は平成18年度末の日です。

本日は土曜日のため実質の年度業務は昨日で終了したことになります。

私の周りの建設ブログサイトでは、年度末工事に纏わる記事で賑やかです。



例に漏れず私も3/27~3/30迄の4日間、現場事務所に缶詰となり3/30午後に行われた竣工検査に向けて電子納品支援をやっていました。

そんな中でふと20年以上前、現場技術者として従事していた自分の目から見た当時及び現在の現場作業模様について感じた事がありましたので少し書いてみたいと思います。

今考えるとそれは私が建設現場から脱し独立した一因にも影響している事かもしれません。



昨日、電子納品支援した工事竣工検査のため発注者事務所(北海道開発局)を訪れました。

検査は1階会議室で行われ、私自身は検査に立会いしませんでしたが、会場の設定(PC、プロジェクター、机の配置等)のためです。

会場前ではもう1社検査のため待機されていました。

こちらの現場代理人(A氏)が先方の現場代理人(B氏)と立ち話となりました。

否応なく私の耳にその会話は飛び込んできました。


B氏:「昨日、何時までやってたの?」

A氏:「今日の朝までやってました」

B氏:「うちも同じだぁ~」

・・・・・・・・・・・・

この言葉はこの時期に限らず検査前に多く聞かれる言葉?かもしれません。

さて、そんな会話を聞き自分も昔携わっていた土木業界の事が思い起こされました。

続きを読む "建設業の昔と今"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

国道230号、新ルート開通

本日お客様の現場事務所で電子納品業務を支援中です。

明後日竣工検査なのですが、現在最後の追い込み作業中です。

写真、及び完成図書の完成が本日の夕方近くになるので、私としては若干時間を持て余している状況です。

そんな訳でお昼頃、近くの国道で新しいルートの開通式があったので行ってきました。

場所は国道230号です。02_230070328_

9年前の噴火により洞爺湖温泉と国道37号間が不通となっていた区間です。

以前とは全く別ルートとなっています。

途中「三豊トンネル」、「青葉トンネル」の2箇所が新設となっています。

写真は一般供用開始前に実施された開通式セレモニーに出席された関係者の方の車列です。

11:30の開通式典の後、関係者の方々が新しい国道37号交差点側から洞爺湖方面へ記念走行しました。



01_230070328_ 報道関係の方も多数来られていたので、本日のニュースで放送される事と思います。





一般の供用開始は13:07です。

これは9年前に噴火した時刻と同一時刻です。

午後になり一般車の供用開始となる時がやってきました。

01_230070328__2

13時07分、パトカーを先頭に新しい230号が供用開始となりました。

長年不便を強いられてきた洞爺湖温泉と国道37号は本日開通し車でのアクセス手段が一段と改善されました。





02_230070328_1970m

新しく開通した2箇所のトンネルを紹介します。

洞爺湖温泉側にある「三豊(みとよ)トンネル」1970mです。



03_230070328_1719m

国道37号側にある「青葉(あおば)トンネル」1719mです。

今後も安全な走行ができる事を心より願っています。



建設ブログ「道路工事中につきご協力を・・・(管理人:nikumaruさん)」の本日付けで関連記事があります。
http://blog.livedoor.jp/solisoli/archives/50961636.html





文責:仕事マン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

道路工事完成図の彷徨い

今日も突発業務の電話が1件ありました。


「道路工事完成図お願いできますか?」

以前、稚内の現場で一度電子納品支援でお付き合いのあった現場代理人さんからです。

現在は釧路で現場を担当されているとの事です。

昨年10月末、発注者(北海道開発局)主催の道路工事完成図作成対象現場技術者向け説明会でもお会いしていました。

工期は来週、検査ももちろん来週との事。

「それはたいそうお困りでしょう・・・」 と内心思いつつ言葉にできない私。

この時期電子納品支援を含め突発的緊急支援の依頼が多くなっています。

話しを聞けば道路工事完成図ばかりでなく道路施設基本データ(MICHI)の処理もあるのです。



私も元土木屋。

「どうしてもっと早く対処しなかったのですか!」 と心の中で怒る。

でも仏心を持ち合わせる私としては何とかしてあげたいと思うのですが、如何せん今回は時間も体も空いていないのです。

現場は札幌から車で6時間はかかる距離です。

どう考えても今回の支援はできない、それが私の結論でした。



「申し訳ありませんが今回十分に打ち合せできる時間がないのでこちらでは対応できそうにありません」と丁重にお断りさせていただいたのです。

続きを読む "道路工事完成図の彷徨い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

Exif問題は事前の注意が必要だ

年度末になると突発的な連絡や相談を受ける事が多くなってきました。

今年度も残すところ10日を切りました。



先週講座講師として岩内に出張の際、以前電子納品でお手伝いさせていただいたお客様から電話をいただきました。

竣工検査が3/30に迫っているので電子納品を手伝って欲しいとの件でした。

とにかく「現状の内容確認と協議をしましょう」との事で昨日現場事務所に行ってきました。

お客様の固有名詞はここでは記しませんが、道央の南の方とお伝えしておきます。



途中の国道写真をヒントに掲載します。

(何のヒントにならないかもしれませんが・・・・)

02_230__3 03_230__3



そんな訳で札幌から約2時間と少々(この写真の地点からは約30分程度)、先方の現場事務所に到着しました。

工事は国道の舗装工事です。



まず最初に工事写真のチェックです。

以前のチェックと言えば、必須項目の入力欠落、写真最低解像度、使用禁止文字に対するものが大半でしたが、最近は「Exif」情報の有無が中心となります。

実際に今回のお客様の写真データをチェックしてみます。

写真は約5600枚あります。

続きを読む "Exif問題は事前の注意が必要だ"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

講座報告(岩内地域人材開発センター)

先月に続き、岩内地域人材開発センターで2日間の講座を担当しました。

前回は「Excel&Powerpoint検査対応」講座でしたが今回は「最新電子納品基準とSXF CAD対応」講座でした。

使用するパソコン研修室の定員一杯の12名が受講されました。

01_sxfcad070316

前回に続き今回の講座に参加されている方も数名いらっしゃいました。

電子納品が当たり前の時代になりましたが、まだまだ関連基準・要領(案)やガイドライン(案)内容を知らない方も多く、今回は今一度復習する目的もありました。

最近北海道開発局札幌開発建設部札幌道路事務所の平成17年度施工における電子納品成果物CDが電子納品保管管理システムの本格稼働によりエラーチェックの結果、修正のため返却され再提出を求められる例が多く発生しています。

今回の講座では、受講生の方が今後担当される現場ではそのような事の発生がない事を願い学習しました。

受講生の中には現在使用すべき基準・要領(案)の最終版年月を理解されていない方もおり、改めて基本知識習得の必要性を認識したのです。

1日目はそんな訳で電子納品時に参照すべき最新基準・要領、ガイドライン要点の研修です。

2日目は最近巷で俄に盛り上げっている?「道路工事完成図等作成要領」に関する実務講座です。

続きを読む "講座報告(岩内地域人材開発センター)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

今年一度きりの展示会

今週の雪には、ほどほど参ってしまったFSUです。

さて今回初めてログさせていただきます。(まめにはアップできませんが、、。)

建設110番のホームページはどちらかというと土木よりですが、わたしことFSUは25年近く建設業(とりわけ建築関係)のシステム営業をしてきました。本来なら建築関係の記事をもっと紹介すべきですが、なにせナマケモノの性分今日まで雲隠れしてました。

できることなら、本日より身を改めブログの更新に勤めようかと、、。(きっと無理かも!?)

さて今回は3月の7,8日開催の『2007ニヘイ春の木材・建材フェアー』にFSUが出展しました。

D1000013_1 

続きを読む "今年一度きりの展示会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

講座報告(留萌地域人材開発センター)

3/13、3/14と2日間、社団法人留萌地域人材開発センター(通称:パワスポ留萌)で土木技術者向けに動画(VTR)編集講座を実施しました。

留萌地域人材開発センターは「地域づくり、人創り」の理念を大切に、中小企業の従業員を中心とした地域住民の能力開発、意識啓発の「場」として活用されています。

01_070313_ ←留萌地域人材開発センター

今回の講座は社団法人全国土木施工管理技士会連合会が認定するCPDS講座です。

センターにはパソコン及びインターネット環境を整えた研修室が複数常備されており、今回の講座はそのうちの1ヵ所を使用して実施しました。

留萌地域人材開発センターでは毎年地元現場技術者の要望を聞きその年のニーズに応えた講座を開催しています。

従って参加者のスキルもかなり高い方が多くなっています。

講師の私としては毎年緊張の面持ちで担当させていただいています。

続きを読む "講座報告(留萌地域人材開発センター)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

ネット環境はホテルの常識!?

本日、明日から2日間実施される講習会の講師として留萌へ出張して来ています。

当然ホテルに宿泊する事になるのですが、いつも留萌での宿泊先は「ニューホワイトハウス」に決めています。

01_979312

特に理由がありませんが最初ここに宿泊以来このホテルを拒否する理由もなくそのままここと決めていたのです。

仕事柄ネット環境があることが望ましいのですが、北海道の地方都市の場合まだまだその環境が整備されていないホテルも多いのです。

昨年もここに泊まっていますがネット環境がありませんでした。

今回もそうだと勝手に私自身が思ってここへ来ました。


02_979312

さて部屋に入り机の上を見るとLANケーブル端子が見えたのです。

「あれっ?」




部屋に置いてある室内の説明書を見ると昨年9月中旬からネット環境を館内全ての部屋で整備したとの事です。

「いやぁ~やるねぇ~」、それが私の正直な気持ちでした。

早速持参のノートパソコンを起動し接続して見ました。

04_979312

速度はちょっと遅め。

フロントの人に聞くとADSL接続との事。

留萌って「光」はまだだっただろうか。

札幌近郊に住む者にとっては当たり前のBフレッツも地方では遠い夢語かもしれない。

でも明日のIT国家日本を考えれば早急な整備が必要であると思うのです。

仕事柄建設CALS/EC関連を生業とする私にとっては尚更そのことが気に掛かって仕方ありません。

ネット通信速度はともかくとして接続環境があるだけでも感謝です。

地方ホテルにもネット環境は必須となったようです。

これで、今回出張中もブログ更新ができそうです。




文責:仕事マン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

電子納品、CAD講座の変遷

我々建設110番グループでは、公的職業訓練機関における建設CALS/EC関連講座の講師を担当させていただいております。

主催は地域にあります公的職業訓練機関となります。

毎年お世話になっているのですが、電子納品に関する基準改定やCAD仕様の変更に合わせ、講座内容の企画も依頼されます。

講座企画は大きく「電子納品関連」「CAD操作関連」の2つに分類され実施されています。

電子納品関連では「電子納品最新基準・要領(案)解説」、「電子納品対応法」、「工事概要作成と検査対応法」が中心的内容で講座が組まれていました。

CAD関連では「Auto-CAD LT」の操作に関する講座が中心でした。

以前は「JW-cad」の講座もありましたが現在では受講生のニーズも少なく開催回数が激減しています。

日本国内には数多くのCADソフトがあるにも関わらず「Auto-CAD LT」講座に集中して参加されるにはそれなりの理由があるからです。

次世代CAD仕様の事を踏まえそれについて少し考えてみたいと思います。

続きを読む "電子納品、CAD講座の変遷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

「北海道 工事施工情報共有・電子納品保管管理説明会」に参加して

本日「北海道 工事施工情報共有・電子納品保管管理説明会」に参加して来ました。

会場は札幌の共済ホールです。

01_070306__2

02_070306__2





10_070306__1

札幌会場の申込定員は500名でした。

多くの参加者がありました。



先ずは、主催者挨拶です。

20_070306_1_1 北海道建設部建設管理局技術管理課主査 原田勇雄氏です。



以下、3人の方が説明されました。

続きを読む "「北海道 工事施工情報共有・電子納品保管管理説明会」に参加して"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

道路工事完成図作成要領、作業時の問題点

昨年末に依頼をいただいた道路工事完成図関連業務が最終段階に入って来ました。



実際に作成してみてその問題の神髄が見えてきたので報告します。

問題は完成図の方ではありません。


昨年実施された発注者主催の説明会に出席された方も多いと思います。

説明は大きく分類すると2つに分かれていたはずです。

「道路施設基本データ作成(MICHI)システム」「道路工事完成図」です。

以前より舗装工事、維持工事においてMICHIシステムによる台帳整備が実施されていました。

この台帳整備、正式には「道路維持台帳」なるものでこのシステムや掲載情報等を知らないまま今回の道路工事完成図作成要領に則って作成しようとしても多くの問題点に当たってしまいます。

具体的にはどのようなものか書いてみます。

続きを読む "道路工事完成図作成要領、作業時の問題点"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

Do?Boku(コラボフォーラム)に参加して

先日2/26(月)、札幌市内の2つの建設業者のコラボフォーラムが開催されました。

と言っても会場は北海道工業大学で社会基盤工学の教授と学生の参加もあったのです。

「土木現場の人達が、自分の言葉で現場を語るフォーラム Do? Boku(どぅー? ぼく)」です。

主催はCALSスクエア北海道です。

ご案内をいただき私も参加して来ました。

00_070226__2

会場案内図からして期待できそうな予感です。

通常の土木現場3Kイメージはどこにも感じられません。

これが目指す将来の土木現場像かも?しれません。



当日のプログラムはCALS北海道のブログ記事を参考にされて下さい。

ここでは聴講させていただいた感想を書かせていただきたいと思います。


続きを読む "Do?Boku(コラボフォーラム)に参加して"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »