« Do?Boku(コラボフォーラム)に参加して | トップページ | 「北海道 工事施工情報共有・電子納品保管管理説明会」に参加して »

2007年3月 5日 (月)

道路工事完成図作成要領、作業時の問題点

昨年末に依頼をいただいた道路工事完成図関連業務が最終段階に入って来ました。



実際に作成してみてその問題の神髄が見えてきたので報告します。

問題は完成図の方ではありません。


昨年実施された発注者主催の説明会に出席された方も多いと思います。

説明は大きく分類すると2つに分かれていたはずです。

「道路施設基本データ作成(MICHI)システム」「道路工事完成図」です。

以前より舗装工事、維持工事においてMICHIシステムによる台帳整備が実施されていました。

この台帳整備、正式には「道路維持台帳」なるものでこのシステムや掲載情報等を知らないまま今回の道路工事完成図作成要領に則って作成しようとしても多くの問題点に当たってしまいます。

具体的にはどのようなものか書いてみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私も正直言って、今回の道路工事完成図等作成要領が策定されるまで、「MICHIシステム」の名前こそ何度となく聞いていましたが、その詳細を知ろうとは思っていませんでしたし、基本的に外部からの委託を積極的に請ける事をしていませんでした。

それは、あまりにの問題点が多すぎると周りから聞いていたからです。

その一端には、工事施工が完了してから1年を経過しているにもかかわず未だにMICHIシステムの最終データ処理が完結していない事例を多く耳にしていました。


今回、当方で受託したのは道路工事完成図部分のみの作成です。


道路施設基本データ登録(MICHIデータ)部分は受託外です。

この部分は現場代理人さんが担当しました。

道路工事完成図は我が建設110番メンバーにお願いし作成、支援サイトで提供しているチェックソフトを通しエラーゼロを確認しました。

問題は道路施設基本データ(MICHIデータ)の方です。

一応ソフト上から登録した施設基本データを「事前審査用出力」で出力します。

これをチェックにかけます。エラーゼロ。

これで問題ないように思いますが、これだけでは審査は完了しません。

ちなみに審査機関には道路工事完成図の方は提出の必要ありません。

最終的に道路施設基本データ(MICHIデータ)と合体し電子納品成果物CD内の完成図フォルダ(DRAWINGF)に格納するのです。

参考として提出に必要な資料もあります。

もっと問題なのは、道路施設基本データ位置図(道路維持台帳附図)の作成にあったのです。

この点についてやその他の問題点は今後詳細を報告したいと思います。




文責:仕事マン

|

« Do?Boku(コラボフォーラム)に参加して | トップページ | 「北海道 工事施工情報共有・電子納品保管管理説明会」に参加して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/123558/5581239

この記事へのトラックバック一覧です: 道路工事完成図作成要領、作業時の問題点:

« Do?Boku(コラボフォーラム)に参加して | トップページ | 「北海道 工事施工情報共有・電子納品保管管理説明会」に参加して »