« 電子納品保管管理システムが稼働し始めた?・・・ | トップページ | 道路工事完成図作成要領、作業時の問題点 »

2007年3月 2日 (金)

Do?Boku(コラボフォーラム)に参加して

先日2/26(月)、札幌市内の2つの建設業者のコラボフォーラムが開催されました。

と言っても会場は北海道工業大学で社会基盤工学の教授と学生の参加もあったのです。

「土木現場の人達が、自分の言葉で現場を語るフォーラム Do? Boku(どぅー? ぼく)」です。

主催はCALSスクエア北海道です。

ご案内をいただき私も参加して来ました。

00_070226__2

会場案内図からして期待できそうな予感です。

通常の土木現場3Kイメージはどこにも感じられません。

これが目指す将来の土木現場像かも?しれません。



当日のプログラムはCALS北海道のブログ記事を参考にされて下さい。

ここでは聴講させていただいた感想を書かせていただきたいと思います。


当日、主催者代表者の方と三人の方が発表されました。

●主催者挨拶 CALSスクエア北海道 会長 長瀬 毅彦 様

01_070226__2 

今回のフォーラム開催趣旨及びCALSスクエア北海道の活動概要が説明されました。




1.北海道工業大学 社会基盤工学科 教授 笠原 篤 様

2.株式会社建設維持管理センター 建設部 主任技師 堀内 靖史 様

3.ソリトン・コム株式会社 工事部長 佐々木 実 様

基調講演をいただいた、北海道工業大学の笠原教授のお話は流石に唸りました。

04_070226__1 私どもでは想像できない場数でのプレゼンや講演をなされている訳で、話術や話しの展開、そして噺家同様絶妙な「間」が凝縮されていました。

やはりこのような機会に熟練技を体験し自分自身にさらなる磨きをかける事も必要な事です。

豊平川の札幌市内都市高速道路(案)は私も大いに賛成です。



02_070226__1 学生の方も真剣な表情で聞き入っていました。




今回コラボフォーラムの目玉でもあります、地域建設業のプレゼン能力向上のための発表です。

株式会社建設維持管理センターの堀内さんは会社の主業務である「河川工事関連」についてのお話しでした。

05_070226__1

06_070226__2



株式会社建設維持管理センターさんは河川関連の建設工事部門以外にコンサルタント部門もあります。

一概に言えませんが、私の知る範囲ではコンサルタント系の会社の方は得てしてプレゼン能力をお持ちです。

それはそのような機会が多いし必要に迫られると言って良いかと思います。

パワポ資料の流れはごく自然で、河川工事の初めて見る方のためにその歴史や基本用語を説明されている当たりは流石です。

いきなり難しい専門的な話しが出てきてしまうと聴講者は眠りの世界へ行ってしまいます。

これも経験の豊富さからだと思います。



次にソリトン・コム株式会社の佐々木さんはご自身が担当された「道路工事関連」についてのお話しでした。

09_070226__1

10_070226__1



佐々木さんは初めてのパワポによるプレゼンとの事でしたが、とても初舞台とは思えないほど落ち着いて発表されていました。

ただ私も講師活動をしていて初めの頃どうしても早口になってしまう傾向にありました。

佐々木さんも若干の緊張の中、やはり少し早い語り口になったのは仕方ないかもしれません。

しかし、プレゼンがスタートするとご自身が担当された現場経験談だけにその現場の風景を彷彿させてくれる説明でした。

騒音・振動等工事施工において苦労された様子が手に取るように理解できました。

私から助言させていただけるのであれば、この騒音・振動に関する説明にVTR映像を取り込んでいただけたらもっと迫力があった思います。

この点は次回の発表を大いに期待したいと思います。

しかしスライド片隅にワンポイント画像があり、見ている人を飽きさせない工夫がありました。

次回は是非「建設イラスト作成」に特化したプレゼンをお願いしたいものです。

その節は私もまた参加させていただきたいと思います。




最後に笠原教授に総評をいただきました。

20_070226__1 パワポ発表の際は「文字を読まない」、「1枚のスライドに多くの行や文字数を書き込まない」等のご指導もいただきました。

今回は「このようなコラボは初めてなのでこれを機に今後継続していきましょうと」次回開催迄お約束いただくようなお話しがありました。




今回のフォーラムを契機により次回以降多くの参加者を迎え、さらなる飛躍を期待したいと思います。

関係者の皆様大変お疲れ様でした。

そしてありがとうございました。



文責:仕事マン

|

« 電子納品保管管理システムが稼働し始めた?・・・ | トップページ | 道路工事完成図作成要領、作業時の問題点 »

コメント

この度は、ご多忙の中ご来場、そしてBLOGで当日の感想をいただきどうもありがとうございます。

今回はまだ1回目の試みですが、次回からは前向きな建設技術者を集めての発表会として、さらにこれからの建設業に対しての熱い想いを語られる場に育てて生きたいと思います。

これからもご指導ご鞭撻よろしくお願いします^^

投稿: だいひまじん | 2007年3月12日 (月) 18時27分

新しい北海道の建設業のためご精励下さい。

これからの活動に期待しています。


投稿: 仕事マン | 2007年3月12日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/123558/5540487

この記事へのトラックバック一覧です: Do?Boku(コラボフォーラム)に参加して:

» Do?Boku アンケート結果 [CALSスクエア北海道]
今日は、先週開催されたDo? Boku(どぅー? ぼく)のアンケート結果を発表します。 Q1 あなたの職種は? a.土木技術職    6 b.学生      21 c.その他技術職   1 d.その他      0 Q2 今回、Do? Bokuをお知りになったきかっけは....... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 18時29分

« 電子納品保管管理システムが稼働し始めた?・・・ | トップページ | 道路工事完成図作成要領、作業時の問題点 »