« 今年一度きりの展示会 | トップページ | Exif問題は事前の注意が必要だ »

2007年3月16日 (金)

講座報告(岩内地域人材開発センター)

先月に続き、岩内地域人材開発センターで2日間の講座を担当しました。

前回は「Excel&Powerpoint検査対応」講座でしたが今回は「最新電子納品基準とSXF CAD対応」講座でした。

使用するパソコン研修室の定員一杯の12名が受講されました。

01_sxfcad070316

前回に続き今回の講座に参加されている方も数名いらっしゃいました。

電子納品が当たり前の時代になりましたが、まだまだ関連基準・要領(案)やガイドライン(案)内容を知らない方も多く、今回は今一度復習する目的もありました。

最近北海道開発局札幌開発建設部札幌道路事務所の平成17年度施工における電子納品成果物CDが電子納品保管管理システムの本格稼働によりエラーチェックの結果、修正のため返却され再提出を求められる例が多く発生しています。

今回の講座では、受講生の方が今後担当される現場ではそのような事の発生がない事を願い学習しました。

受講生の中には現在使用すべき基準・要領(案)の最終版年月を理解されていない方もおり、改めて基本知識習得の必要性を認識したのです。

1日目はそんな訳で電子納品時に参照すべき最新基準・要領、ガイドライン要点の研修です。

2日目は最近巷で俄に盛り上げっている?「道路工事完成図等作成要領」に関する実務講座です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1日目最後に、事前に用意してあった電子納品成果物CD見本に対し、国総研サイトから配布されている電子納品チェックシステムでチェックをかけ、今回札幌道路事務所管内で返却されているエラー例を挙げました。

02_sxfcad070316

成果物見本CDはわざとエラーが発生する内容で作成してあり、チェック結果を印刷の上、解説を交えながらその対応法を説明しました。

受講生の皆さんは想定されるエラー原因を十分理解されたようで、今後実務での対応も問題なく行っていただける事と思います。

1日目はそんな感じで無事終了したのです。




さて2日目は 今話題の「道路工事完成図等作成要領」の解説と実務対策です。

先ずは私の方から実際の処理フローを説明しました。

現場技術者の方は正直言って何をどのように手を付けたらよいか自体理解されていない方が多いのです。

11_sxfcad070316_

まず説明を大きく2つに分けます。

1つは道路施設基本データ作成に関する部分、そしてもう1つは道路工事完成図作成に関する部分です。

まず道路施設基本データ作成に関する部分は国総研の道路工事完成図支援サイトで提供されている「道路施設基本データ作成支援システム Ver2.08」を使用します。

実際にパソコンへインストールし、いくつかの施設データを入力してみました。

受講生の皆さんは問題なく入力されていました。



その後審査機関へ提出する、総括表、一覧表、詳細表を実際に印刷しました。

位置図(PDF)についてはこちらで用意した見本を提示し、今後の作成時の参考としてもらう事としました。

そしてその後同じく国総研支援サイトから提供されている「道路工事完成図等チェックプログラム Ver1.04」を利用し入力した施設基本データをチェックを実施しました。

1個のエラーが発生しましたが、これは入力桁数を間違えたものでこの問題は難なく解決しました。

この結果、受講生の皆さんが受講前に抱いていた道路施設基本データ入力に対する不安感・抵抗感がなくなったとの意見が多くを占めたのです。




次は「道路工事完成図」のお話です。

少なくともSXFVer.3の話しは避けて通れません。

施設データ属性情報入力に関する説明には現物のCADソフトがなければ語る事ができません。

今回は川田テクノシステム株式会社V-nasシリーズ「V-FIELD道路工事完成図版」で説明させていただきました。

属性入力が道路工事完成図用に特化されているため操作性は大変優れています。

20_sxfcad070316_vnas 国総研の道路工事完成図支援サイトで提供されているサンプルの完成図データ(SXF ver.3用)をV-FIELDで開き、入力済情報の確認と新規作図と属性の入力方法について説明しました。

皆さんSXF Ver.3対応の属性処理画面を見るのが初めてで、食い入るように見ていました。

今回は講師のみの操作でしたが、次回以降は受講生も実際にCADソフトを利用した講座開設を希望されていました。

受講生の多くの方が、今後道路工事完成図作成の対象現場になったとしても、100%外注しなくても一部は自分でも対応できそうだとの声をいただきました。

今回その声を聞き、本講座をやって良かったと痛感しました。

今後本格的な実務講座を企画したいと思います。




最後に前回の講座時も利用させていただいたExcelで描く建設イラストで有名なブログサイト「道路工事中につきご協力を・・・」(管理人:nikumaruさん)を受講生の皆さんにご紹介し実際にアクセスしてみました。

22_sxfcad070316_nikumaru

受講生一同・・・

「え~っ、これがExcelで・・・・凄いなぁ~」。

今後も興味のある方はアクセスしてもらうようお話をして今回の講座を終了しました。





60_sxfcad070316_

いつものように丸山センター長様から修了証が受講生に渡されました。





本当に皆様2日間お疲れ様でした。

今後益々のご活躍を祈念しています。

そして岩内地域人材開発センターの皆様大変お世話になり誠にありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。




文責:仕事マン

|

« 今年一度きりの展示会 | トップページ | Exif問題は事前の注意が必要だ »

コメント

先日、突然アクセスが増えた日があったのですが、理由が解けました。(笑)

5枚目の写真、ホワイトボードに私のブログアドレスを書いて指差ししているのは「わざとらしく」感じます。(笑)

投稿: nikumaru | 2007年3月17日 (土) 12時35分

■nikumaruさん
お陰様で大変有意義な講座を実施できました。
いつもながら建設イラストのご提供に感謝申し上げます。

写真は決してわざとではなくちょっとした演出でございます。(笑)

今後ともこれに懲りず次世代の建設業のため新鮮な話題提供をよろしくお願い申し上げます。

投稿: 仕事マン | 2007年3月17日 (土) 17時21分

2日間お疲れ様でした。
非常に中味の濃い講座ですね。ここまでしっかりとし
た講座はどこにも無いでしょう。
(私も受けたかったです)

けれど若手の方が自信を持ち、自分の力で業務が出来
れば、先生としてはうれしいことですね。

投稿: もぐら | 2007年3月18日 (日) 08時03分

■もぐらさん
コメントいただきありがとうございます。
お陰様で今回の講座は大盛況でした。

私がお世話になっている複数の公的職業訓練機関から次年度以降の講座企画を依頼されております。
何か良い講座企画がありましたらお知恵をお貸し願います。

そしてその講座の講師もご担当いただけると幸いです。
是非、次年度は来道いただきそのような機会を作ってみたいと考えておりますのでよろしくご協力の程お願いいたします。

投稿: 仕事マン | 2007年3月18日 (日) 09時56分

さすが仕事マンさんです。
お疲れ様でした。
図面については、施工会社にとっての大きな悩みですから、このような講習会で“具体的”な実例を示してあげるのはとても有効だと思います。
これからも頑張ってください。

投稿: カルゴン | 2007年3月19日 (月) 14時40分

■カルゴンさん
今後も実例を元にした講座を開設していきたいと思います。
ご協力の程よろしくお願いいたします。

投稿: 仕事マン | 2007年3月19日 (月) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/123558/5714936

この記事へのトラックバック一覧です: 講座報告(岩内地域人材開発センター):

« 今年一度きりの展示会 | トップページ | Exif問題は事前の注意が必要だ »