« 北海道開発局工事のASP対応 | トップページ | 新しい仲間の集い »

2007年5月24日 (木)

リアルタイム路上工事情報提供

建設CALS/ECの普及に伴い、GIS利用システムの高度化の兆しが見えてきました。

北海道開発局の今年度発注工事の特記仕様書に「リアルタイム路上工事情報提供」システム利用がうたわれています。

●リアルタイム路上工事情報提供 

 http://www.sp-road.sp.hkd.mlit.go.jp/manual/


早い話が工事規制情報等の事前情報をネット上で配信し道路利用者にその名の通りリアルタイムに提供するものなのです。

請負者は指定の様式に沿って工事予定情報(Excelファイル)に入力し、工事予定情報チェックサイトにてチェック(確認)をした後、監督員に提出するものです。

現時点でどの程度の情報が一般の道路利用者に対しフィードバックされるか定かではありませんが、道路情報の高度化は大いに歓迎するところです。



広い意味では電子納品成果物CDや昨年より始まった道路工事完成図等の利用が正しく普及する事により、道路利用に対する情報量が増大し快適な走行が考えられるのですが、しかしこのような電子化に対し現場ではその取扱に統一性がみられない部分も多く過度な期待は避けた方が良いのかもしれません。

いずれにしても全国的に走り始めた建設CALS/ECが最終的に国民の利益につながる事を切に希望して止みません。




文責:仕事マン

|

« 北海道開発局工事のASP対応 | トップページ | 新しい仲間の集い »

コメント

「リアルタイム路上工事情報」入力も施工者にとっては・・・・。

投稿: nikumaru | 2007年5月24日 (木) 10時05分

■nikumaruさん

>「リアルタイム路上工事情報」入力も施工者にとっては・・・・。


やはり施工者が側にとっては問題が山盛りですか・・・
理想と現実には大きな隔たりがありますね。

投稿: 仕事マン | 2007年5月24日 (木) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/123558/6453539

この記事へのトラックバック一覧です: リアルタイム路上工事情報提供:

« 北海道開発局工事のASP対応 | トップページ | 新しい仲間の集い »