« 電子納品エラーの多様化 | トップページ | 雇用管理改善VEセミナー »

2007年9月 4日 (火)

平成20年のCPDS講座について

暑い暑いと唸っていたらもう9月になってしまいました。


来年の話しをすると鬼が笑うと申しますが、いつもお世話になっている公的職業訓練施設担当者の方から来年の講座に関して問い合わせいただく季節になりました。

昨年より実施する講座は基本的に全てCPDSの認定をとっているので、来年もその予定でカリキュラムを作成したいとの事でした。


まずは、講座テーマの打ち合せです。

CPDS認定が前提のため、現場技術者向けの継続学習として相応しい内容でなければなりません。


今までは各訓練施設にあるパソコンを利用した実務講座のため12時間(ユニット)と研修時間が長めの設定でしたが、来年からは3から6時間(ユニット)の研修講座も企画していく予定です。


講座内容によっては、従来の建設110番グループ以外からの講師参加も検討しています。

これは継続教育には、幅広い現場経験を持ち、より実践的なテーマで望みたいという思いからです。

その中には、遠く広島県在住の優秀な講師陣も候補に挙がっています。

今後具体的な講座内容が固まりましたら、広島方面の方ともご相談させていただこうと思います。


スケジュールや講座内容につきましては、当ブログ及び建設110番HPにてお知らせする予定です。


講座テーマについて何かご意見があれば是非お寄せ願います。

|

« 電子納品エラーの多様化 | トップページ | 雇用管理改善VEセミナー »

コメント

鬼が笑っても長期計画は必要ですね(笑)
私も時代の流れに沿えるように今月だけで8回講習会を受講するつもりです。

知識と知恵は仕事ではとても大切。

建設CALS/ECの知識を習得して公共工事を行うと間違いなく余裕の仕事ができるでしょうね。

投稿: もぐら | 2007年9月 5日 (水) 22時36分

■もぐらさん
8回も講習を受講されるとは実に勉強熱心ですね。尊敬しちゃいます。

私も今、いろいろな関係冊子を読んで情報を吸収中です。
でも年齢的に半分くらいはすぐに消え去ってしまいます。


来年はもしかすると何かとお世話になるかもしれませんが、その節はよろしくお願いいたします。

投稿: 仕事マン | 2007年9月 6日 (木) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/123558/7804188

この記事へのトラックバック一覧です: 平成20年のCPDS講座について:

« 電子納品エラーの多様化 | トップページ | 雇用管理改善VEセミナー »