« 「雇用管理改善VEセミナー」無事終了 | トップページ | 北海道開発局「道路工事完成図書等作成要領にかかる説明会及び道路管理データベース(MICHI)説明会」 »

2007年10月25日 (木)

来年の講習カリキュラム策定

早いもので10月下旬となり、日の入りも一段と早くなりました。

さて現場の電子納品支援関係もこれからが本番を迎えます。
昨年度後期及び今年度前期開催講習はCPDS認定で実施させていただきました。

年明けには今年度後期講習が予定されており、既に開催日が確定している講座に関してはそのカリキュラム作成をそろそろしなければなりません。

建設110番グループの講師が担当させていただく講座は基本的にインターネット環境のあるパソコンを使用した実務講座となっています。
従来より実施している電子納品CADに関する講座も、現場の声を反映した講座設定をさせていただいています。

そんな講座カリキュラムにも時代の流れを感じるようになってきました。

     

電子納品に関して言えば、その方法論については多くの現場技術者の方がすでに修得されており、新たに改訂となった部分の説明レベルに留まっています。


最近特に要望が多いのはExcelの活用術パワーポイントを利用したプレゼン資料作成、そして最近一部工事で採用となっている、不可視部分施工手順の確認に利用されているVTR映像の動画処理(素撮VTRの編集)があります。

さらに3D画像作成に関する要望も多く、皆さんご存じの「Google Sketchup」の操作法に関する講座設定も行っています。

特に最近の傾向として、無料で利用可能はソフトを利用した実務講座を望む声が多いように思います。

最近道路関連工事においては、道路工事完成図(旧MICHIシシテム+完成平面図)の作成が請負者に義務づけられており、受発注者間の間でその取り扱いについて混乱している部分があります。

これは、きちんとした基準・要領(案)が策定されているにも関わらず、実際の運用がこれと異なる事例が多いことによるものです。

ただでさえ請負者にとって負担となっている道路工事完成図の取り扱いに関しては、発注者より明確な判断をいただきたいと痛感しています。

また前期講座(4月開催)では、いち早くSXF Ver3.0対応CADを利用して道路工事完成図(完成平面図)作成の実務講座を実施しております。

後期講座(来年3月開催)においても2開催が予定されています。是非この機会に受講されますことをお勧めいたします。

なお、現在予定されているSXF Ver3.0講座は滝川市にあります社団法人中空知地域職業訓練センターのみとなっていますが、札幌地区を含め他地域での開催要望がございましたら検討させていただきますので、建設110番ホームページ記載の最寄りの訓練センター、人材開発センターもしくは建設110番宛メールでお問い合わせ願います。

なお、受講人数によっては企業単位(複数企業合同での開催可)での講座も可能ですのであわせてお問い合わせ願います。(CPDS認定申請も支援させていただきます)



なお、11月には北海道開発局の各開発建設部において道路工事完成図及びMICHIデータ作成に関する説明会が開催されますので、その中身に注目したいと思います。

私も参加予定ですので、説明会で入手した情報はここで後日ご報告できればと思っています。



いずれにいたしましても講座を担当させていただく私ども建設110番講師は日夜情報収集カリキュラム策定に汗を流しておりますので、是非来年の講座に引き続きご期待下さい。



なお、建設110番が担当する講座に関しては、建設110番ホームページにて講座日程概要をお知らせしますので、そちらもどうぞご参照願います。





それでは。

|

« 「雇用管理改善VEセミナー」無事終了 | トップページ | 北海道開発局「道路工事完成図書等作成要領にかかる説明会及び道路管理データベース(MICHI)説明会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/123558/8458464

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の講習カリキュラム策定:

« 「雇用管理改善VEセミナー」無事終了 | トップページ | 北海道開発局「道路工事完成図書等作成要領にかかる説明会及び道路管理データベース(MICHI)説明会」 »