« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月27日 (火)

道路工事完成図等作成要領説明会

昨日、札幌にて「道路工事完成図等作成要領説明会」が開催されました。
一昨年の11月から12月にかけて開催された説明会は各開発建設部単位(札幌と小樽は合同で札幌会場)でしたが、今回は札幌会場一ヶ所のみとなりました。

説明会は午後の時間帯を2部構成に分け、前半を「コンサル・業者の部」、後半を「開発職員の部」として実施されました。

北海道開発局では全国版の道路工事完成図等作成要領とは別に「道路工事完成図等作成要領~北海道開発局版~」(最新:平成21年1月)を策定しています。

一昨年の説明会では全国版が「道路工事完成図」と呼ぶのに対し、北海道開発局では「出来形完成平面図」と呼んでいました。
しかし今回から全国版同様「道路工事完成平面図」と呼称が統一されました。
10_20090126_


これに合わせて従前の出来形完成平面図における下記仕様が変更となりました。
※文中、オリジナル版とあるのは、全国共通の道路工事完成図等作成要領で作成された図面を指します。

1.固定図面サイズ(縦420ミリx横1,140ミリ)の廃止
  用紙サイズは、オリジナル版に準拠するものとする。

2.完成平面図のマイラープリント提出の廃止
  完成平面図の出力図は、紙にプリントして監督員に提出するものとする。

3.図面表題欄をCAD製図基準(案)のものに統一
  図面表題欄は、オリジナル版に準拠するものとする。

しかし、中身は北海道開発局独自の内容があります。

全国版と大きく違う点は、全国版の道路工事完成平面図仕様に多くの追加項目が存在する点です。

1.基準点および基準点成果表
2.管理幅杭および管理幅杭成果表
3.筆界線・地番・土地所有者名
4.XY座標線(トンボ)
5.平面線形要素および曲線表
6.縦断勾配表
7.道路定規図
8.位置図
9.記号凡例

道外の地方整備局における場合と比べると北海道開発局では実に多くの記載事項が存在します。


当日の説明会資料については下記よりダウンロードできます。
●北海道開発局札幌開発建設部HP
    ↓
http://www.sp.hkd.mlit.go.jp/

詳細については後日あらためて記事を書きたいと思います。

取りあえず図面サイズとマイラー出力が無くなった事は一歩前進と言えますが、相変わらず施工業者にかかる負担が大きいことに変わりはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

今年も頑張ります!!

今年も講習会シーズンとなりました。
もちろんCPDS認定講座です。

114_calsec080402_


昨年は道外にいらっしゃる専門家の方々にご協力いただき講座を開催いたしました。

さて、今年も何か新しいテーマを設定し協力をお願いしたいと思います。

昨年はskypeを利用した遠隔講座でしたが、今年は実際に北海道へ来ていただき担当いただこうと考えています。

来週22日、23日は東京にてCALS/EC MESSE2009が東京にて開催されます。
私も参加予定ですので、受講される皆様に建設CALS/ECの最新事情をお伝えできると思っています。

現在今年度後期及び来年度の講座カリキュラム詳細を策定中です。

どうぞ今年も建設110番講座にご期待下さい。!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます

60_dig_138110_3




昨年多くの皆様に講座に参加いただき誠にありがとうございました。

本年もさらにスキルアップした講座が用意されておりますので皆様のご参加をお待ちしております。



なお、開催講座の詳細は下記建設110番HPを参照願います。
  ↓
http://www.kensetsu110.com/

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »